11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 片岡さんの教え | main | 遠征前夜 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

相性?
 移籍した元・タイガースの選手が元気だと嬉しいものだが、今日は沖原選手が元気な姿を見ることが出来た。

 先発サードで出場し、清水捕手のサードゴロを横っ飛びして捕球したファインプレー。最終回には貴重なヒットも打った。入団時には既に中堅選手の年齢だったんだからプロ入りは大きな大きな冒険だったはず。その選手が1軍出場を目指して必死にプレーしている姿を見ると、特に沖原選手には頑張って欲しいと思う。
 試合で印象に残ったのは吉野投手。前回の試合では打ち込まれてしまい、デリケートな印象をぬぐえないと思ったが、今日の松山では3者凡退。右打者の吉岡選手からも三振を奪っていた。

 バッテリーを組んだのはルーキーの清水捕手。そういえば紅白戦で吉野投手が好投した時も清水捕手が受けていて、そのリードは監督も絶賛していた。

 こういう場面で思うのは投手と捕手の相性ってあるのかな?ということだ。

 古くは近鉄の鈴木啓示さんと有田さんのコンビ。当時の近鉄の正捕手は梨田さんだったと記憶しているが、鈴木さんの時は有田さんが多かったように思う。一時期の井川投手と野口捕手もそんな感じ。そして矢野さんと下さんのコンビもそんな感じに映っている。

 話を戻すと、吉野投手というとやはりスライダーを思い出す。ということは、そのスライダーをどのように意識させるか?ということにかかってくるという記事を読んだことがあるが、清水捕手は打者としての待ち具合とか読み具合が上手い選手なんだろう。そうなると逆にこれといった決め球は持たないけどバランスの取れている選手はどうやってリードするんだろう?という興味も湧いてくる。ま、すぐにスタメンってことは無いだろうけど、次世代の捕手を急募中のタイガースにとっては朗報には変わりない。

 特定投手限定捕手って存在が面白いと俺は以前から思っている。清水捕手の出発点はこの辺かな?なんて思って録画を見ていた。

 そういやぁ、秀太選手。盗塁のとき、いいスタートだったね!!ナイスラン!!
| タテジマに想いを | 20:33 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/132819
オープン戦 第6戦 阪神2ー2楽天
3月8日(松山坊ちゃんスタジアム) 楽天|000 000 002|2 阪神|101 000 000|0 勝利投手: 敗戦投手: セーブ : HR  : 試合経過、感想などは【続きを読む】をクリックし
| 〜浜風に乗って〜 | 2007/03/08 11:26 PM |