10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 前進 狩野 | main | さてチケット >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

挽回の機会は
 オープン戦で不甲斐なかった杉山直久投手がファーム行きを命じられ、寂しそうに鳴尾浜へ帰っていった。

 同じように不甲斐ない内容の久保田投手は1軍に残っているが、この差はキャラの差か?って感じで実は差が無いと思う。

 両選手とも、本来の自分の投球探しに苦労している感じだ。

 投げ込み量なら負けなかった久保田投手に対し、投げ込んでいない杉山投手。どっちがどうというわけでもないが、2005年の優勝に大きく貢献した両投手の挽回を願っている。
 投げ込み不足で1年を費やしてしまったのは昨年の橋本投手。なので投げ込み不足の杉山投手の方がどちらかといえば心配。あの予想できないところでいきなり良くなってシーズンをそのまま乗り切ってしまう杉山投手のスタイル?がどこで炸裂するか?!と気になるところだが、今までと違うのは少しずつでも年齢が若い投手が仕上がってきているところだ。

 例えば金村投手は球威で評価を上げている。上園投手も勢いで楽しみにされている。ファームスタートだが玉置投手という昨年終盤、1軍で投げた投手もいる。

 そして“この時期の”という注釈が付いてまわるが太陽投手も今度こそと狙っている。俺も太陽投手には今年こそは例年より期待しても良さそうだと本気で思いかけている。(どっちだよ?!)

 その中での杉山投手のファーム行き。実際にやりきれないのは首脳陣ではないかと思う。だって立ち上がりが悪いんだから、中継ぎでは使えないでしょ?と書いたところで、立ち上がりが悪いと評判になってしまって、それが試合だけじゃなくてシーズンの立ち上がりもかよ?!と言いたくなるような出来では困っちゃう。やはり背番号18だからか・・・・・と縁起でもないことを考えてしまうが、それをそろそろ払拭しないと。

 何がどうなるかわからないけど、直久投手にも俗に言う「この辺」に投げろと言ったほうが良いのだろうか?外の低めにビシッと入っていくときの球筋の美しさは藤川投手と双璧と思っているだけに実に残念で、ファンとしても悔しい離脱だ。

 福原投手、安藤投手に続いて杉山投手まで・・・・・となると井川投手の穴が埋まらなければ先発ローテは6人中5人は右腕か?なんて一時期は言われたものだが、ここにきて予想がつかなくなっている。

 ま、これもファンのお楽しみってことで。

 こうなると3月15日の静岡でのオープン戦のときに誰が残っているやらと不安2割、期待8割で結局はワクワクだ。
| タテジマに想いを | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/131649