05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 息吹 | main | 明日まとめて >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

混沌
 久しぶりにと言ったら変だがタイガースの春季キャンプが混沌としてきている。

 ウィリアムス投手、福原投手、安藤投手が軽症であるとのことだが故障っぽくなり、復帰してきたが赤星選手も軽度の故障みたいな感じになった。

 練習試合では筒井投手を除いて打ち込まれるか自滅するかのどちらかになり、明るい話題もあるのだが実に複雑になってきている。
 井川投手の穴ということで、実際にチームにはそれを何とかして埋めようという気持ちが溢れていることは容易に察することができるのだが、さてそればかりを考えていいものかとも思う。

 はっきり言って井川投手の穴は埋まらない。と言ってしまっては話が終わってしまうのだが、それくらいの気持ちでいても良いかもしれない。埋める方法を考えず、その穴に落ちないようにすればいいのかな?とか思う。

 だから何を言いたいかっていうと、井川投手の穴埋めじゃなくて自分の山を築きなさい。と言いたい。

 左投手が全て井川の穴埋め要員でもないだろう。俺は以前から書いているように、埋めるのなら右投手も一丸となって、全員で埋めればいいと思っている。

 1イニングでも多く投げようとする、1つでも多く勝とうとする。それを繰り返してどうせ埋めるのなら全員で埋めればいいと思っている。

 それを1人に求めたり、1人で埋める気になっていないか?ということが心配だ。

 実は昨日の放送で鳥谷選手が「井川さんの穴を埋めるには、自分は打撃と守備で埋めたい。」と言っていたが、俺にはそれが実に逞しくて頼りがいがあるように映った。

 井川投手がいないことをマイナスととらえず、自分のレベルアップの材料にすらできる思考が実に逞しい。

 そう、井川投手の穴というものは誰かが埋めに来るものではなく、誰か1人にやってもらうものでもない。全員で出来ることをキッチリやること。去年出来なかったけど今年は出来るようになるとか、このところ出来なかったけどもう一度出来るようになるとか、そういった少しずつの積み重ねが終わってみれば何かの形になっているものだ。

 比較する話として相応しいかどうかは別として、人間の実力面での成長、それは仕事でも勉強でもそうなんだけど『今の自分よりも少しだけ高いレベルにチャレンジする』ことは成長に凄く影響する出来事のようだ。

 あまりに今の実力とかけ離れたものでは相応しくなく、軽く出来そうなレベルでも成長しない。少しだけ背伸びして手を伸ばして届くくらいの目標設定が実に効果的らしい。

 それは正確なスローイングとか、コントロールとか、メンタルとか、走塁とか守備とか打撃とか色々な面での『負荷』を自分にかけて行けばきっと各々が実力を伸ばすことが出来るんじゃないか?ってことだ。

 混沌としている今のキャンプだけど、井川投手の穴埋めが主題であるという考えがあるならそれは少し止めといて、自分が投げること、守ること、打つことがチームのためになるという考えに見直してみたらどうであろうか。

 井川投手の穴埋めの為に戦うのではなく、チームが勝つために、選手としての自分の為にプレーするという考えでもう1度始めてみて欲しいと思っている。
| タテジマに想いを | 21:44 | comments(4) | trackbacks(1) |
井川の穴なんてマスコミの煽りですよ。毎年開幕から計算どおりの6枚でいけることなんて無いですから、4月〜GW明けまでは外国人含めて様子見でいくでしょ。
そのあとは、交流戦。今年の交流戦は5枚でOKですから。
と、気がついたらオールスター、明けて勝負は8月9月ですね。
9月にいいトコに居たらスクランブル。と、考えたら8月は過酷ですねぇ・・・でも、逆に考えると、8月さえ乗り切ればってことで、開幕して夏までにある程度目処がつくか、夏は各球団のローテPもバテてくるところですから、選手層の厚いチームですから、調子のいい1軍半のフレッシュなピッチャーでも戦えるかもしれませんよ。

でも、怪我等で計算できるピッチャーが5枚切るとヤバいですねw
| のぶ | 2007/02/13 11:44 PM |

のぶさん
 やっぱりそうですよね?ある意味、新戦力の台頭に期待できる年のほうが楽しみかもしれません。
 今年の交流戦は4連戦とか半端な数字の連戦があるのでローテーションの編成が難しいかもしれませんが、下さんの登板間隔だけはきっちり確保した上で回して行くと思っています。
 8月も平年並みかそれ以上に過酷なんですけど、それでも京セラドームで連戦の試合数を確保しているので少しはマシかもしれないですね。
 ま、ケガ等で5枚切った場合は・・・・・どうでしょう?まだ引退を表明していない海の向こうの背番号が元・18番の元・エース右腕もいるということで・・・・・今年は個人的には三東に期待です。
| たけ | 2007/02/14 6:56 AM |

>「井川さんの穴を埋めるには、自分は打撃と守備で埋めたい。」

キャー!!さすがわたすぃーのたかすぃー!!ああ〜ん♪
・・・あ、すみません。。ゴホゴホ。。

けど確かにみんな「井川の穴」というところに
意識が集中しすぎちゃってる気もしますよねぇ。
まぁあれだけ何年にも渡って実績残してきたピッチャーだから
仕方ないといえば仕方ないかも知れないですけど。
| 敬華 | 2007/02/14 10:08 PM |

敬華さん
 やはり“たかすぃ〜”ネタに食いつきましたね^^
 鳥谷選手で印象に残ることと言えば、1年目の夏場あたりから体が大きく逞しくなってきて、そして成長しているという点です。天才とは思いませんが、才能の塊というか、退歩しない素晴らしさがあるという感想を持っています。
 今年は昨年以上を様々なところで見せてくれるはずですよね^^
| たけ | 2007/02/14 11:46 PM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/130056
阪神鳥谷が休日返上で打撃練習
 阪神鳥谷敬内野手(25)が13日、沖縄・宜野座春季キャンプの休日を返上して練習を行った。宜野座ドーム内で打撃マシンに向き合い、感触を確かめるように振り込んだ。「いまは違和感なく打席に入れています。順調に来ていますね」。11日の練習試合・日本ハム戦(
| CherryBomb 我らがタイガース | 2007/02/13 9:58 PM |