09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< ドレスコード | main | そりゃ確かに大事だ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

実質高卒
 辻本選手と同級生にはとんでもない連中がいるんだな。というのが感想。

 ハンカチ王子とか楽天・田中とか色々いるもんだ。そう思うと、今年の高卒ドラフトに野手を上位指名する判断をしたのは間違いでもなかった・・・・・と結論を出せるかどうかはこれからの辻本選手次第ということになる。

 往々にして、1人の選手の○○世代には優秀な選手が集中することが多い(かなぁ?)。
 世代名は付いていないけど、星野SD、田淵さん、山本浩二さんの世代なんて凄いものだし、松坂世代と言われている世代も結果的にプロの世界で活躍する選手を多数輩出している。タイガースの球児投手のように。

 高校生ドラフトが導入された2年間で、タイガースは高校生の優秀な投手を獲っていると俺は思っている。鶴投手はケガのリハビリ、若竹投手はファームで登板機会を得た。その前年には玉置投手や水落投手を獲得している。

 幸いにもタイガースは強いチームとなっていて、最初の数年は育成目的で選手を獲得できるチーム状態だ。だからケガをした選手であっても能力や伸びしろがあると思われる選手には惜しげもなく時間を与えている。そうした中から出てきたのが野手ではあるが林選手である。こういった選手だっているのだ。林選手は1年目はケガのリハビリのために費やした。

 報道される回数も減ってきている。だから今がチャンス!ワンダーボーイと言われた入団時(今でも言われているけどね)だけど、それを証明するだけの能力を見たい。

 怪我の原因?とも言われた上体投げを修正するということで、球威とか様々に影響が出るだろう。そこを超えるところから始まるのもいいだろう。

 いつかは交流戦で楽天・田中と投げあい、いつかはプロ入りしたらハンカチ王子と投げ合う。先ずは鳴尾浜王子を目指して「王子といってもヤワじゃないぜ!!」って言って欲しいものだ。ファーム中継で登板する姿を見れるのを楽しみにしてるよ〜♪
| タテジマに想いを | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/127036