04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 12月10日はタイガースの誕生日です。 | main | 相性 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

走れ〜 走れ〜
 アニキに走塁を求めるという記事が載る昨今、実はタイガースの選手はもっと走れる選手がいるはずなのに・・・・・と思っているファンは少なくない(はず)。

 昔、ロッテ・オリオンズ(現・千葉ロッテ)の監督だった金田監督(通称:カネヤン:400勝投手)が選手を走らせていたものだが、それとは違う。

 現状では赤星選手の盗塁数がダントツ。でもそれに続く選手は?というといない。
 赤松選手がいるじゃないか?と言われても、彼がどれだけの出場機会を得られるか?という点では単純に人数に計上するわけにも行かない。やはりレギュラー組である鳥谷選手、藤本選手あたりに期待をしてしまう。いや、期待って言うよりもやってくれ!って感じだ。

 この走塁、早い話が盗塁だけではなく、走塁も含む。相手の隙を見て1つ先の塁への進塁。これが効くんだ!やられると頭にくるしな。

 左中間を抜かない範囲のヒットでも思い切りの良い走塁で2ベースにしてしまったり、ライト前に転がれば迷わず3塁まで走る走塁とか、そういうやつはゼッタイに必要。ドラゴンズやスワローズが油断できない相手であるのはこういうところだし、大砲ばかり揃えた時期の読売が一発を警戒すれば全然怖くなかったのはこういうところ。

 要は相手に楽をさせない野球をやるってことか?油断も隙もありゃしない!って感じで余計な緊張を相手にさせる。そして相手の隙を盗むことが、他のプレーにも集中力というかメリハリというか、そういう好影響をもたらすんだろうな。

 トリプル3をアニキに望むのは確かに酷な話。でもアニキの背中を見て今のタイガースは育ってきた。だから数字ではなく姿勢としてアニキには走塁への気構えを見せてもらいたい。

 そうそう、塁に出てからの走塁も大事だけど、出塁するまでの走塁を大事に思って欲しい。内野ゴロでも全力疾走。際どいあたりなら更に全力で相手をビビらせて欲しい。何気に送球が悪い荒木とか、捕球が悪いウッズとか、慌てさせればチャンスはあるぞ!!

 っていっても、相手はドラゴンズだけじゃないんだけどね。
| タテジマに想いを | 21:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
確かに阪神の選手には赤星さん以外にもう少し盗塁してほしいと言うか、もっと次の塁を狙う姿勢を見せてほしいですね

ドラゴンズやスワローズには、そういう感じがみれますしね。
| おかやん | 2006/12/12 6:05 AM |

おかやん
 そうですよねぇ、タイガースの選手も走れないわけじゃないんですから意識を持って欲しいですね。
 他球団の選手ですが、アラキ&イバタのように、シングルヒットかな?と思ったら2ベースにされちゃったり!!というのは見ていて悔しいですよね。
| たけ | 2006/12/12 8:40 PM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/122084