03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 職場の連中と | main | 昔話2!! >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

決め球というやつ
 ルーキーの渡辺投手がナックルボーラー?になるのか??

 いいじゃないか!それ。
 記事の内容が、有名ブログの自称阪神タイガース評論家のtoraoさんとダブってしまうが、俺もこの記事には注目した。ついでにドラフト指名権もFAの際の譲渡対象にしろっていう意見も俺も以前記事にしているとおり一緒w

 ナックルというと、有名どころはメジャーリーグのニークロ兄弟。えぇっと、先日どちらかがお亡くなりになったって記事が載ってなかった?その有名投手が投げまくっていたのがナックルボール。

 ナックルを投げる投手って、俺の中のイメージではストレートの代わりにナックルを、変化球の変わりにストレートを放るというくらい、ナックルの割合が多くなる印象がある。

 ほわ〜んと投げられるナックルは、打者の手元でゆらゆら揺れて空振りになったり凡打になったり。それはまるで、がんばれ!タブチくんの安田投手が投げる「見逃してください、見逃してください」とぜんまい仕掛けのボールが言いながら投げられる球のようだ。だから時々投げられるストレートが本当に速く見える!そんな感じ。

 でもこの変化球、実に握力を要求される。だってボールを指先で弾くように投げるんでしょ?

 俺の自宅の裏に、子供の頃はブランコも滑り台も無い空き地があったんだけど、そこでよく友達とキャッチボールしながら変化球を真似てみたことを思い出す。

 当時はチェンジアップとかスライダーとかじゃなくて、試すものといえばストレートは置いといて、カーブ、シュート、フォーク、パーム、シンカー、そしてナックルだった。当然投げられるわけが無いが、わけがわからん球だった。

 分かっていても打てない球というのが存在する。それは全盛期の野茂投手や佐々木投手のフォークだったり、現在では球児投手のストレートだったりする。

 その球で打ち取るための配球、また逆に球種を意識させる配球。1つの球種があるだけで組み立ても変わり、投手を変えることが出来る。

 狩野捕手はミットを変えなきゃ・・・・とも言っている。捕れないくらいなのか・・・・・先日の虎バンで矢野選手が「今年は後ろに逸らすことが多かった。」と自分で言っていたが、これじゃ来年、もしも渡辺投手が1軍で投げたらまた増えちゃうじゃねぇか!!

 こうなったら渡辺投手専用の捕手でも1軍に用意しておかないといけないかもね。
| タテジマに想いを | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/118993