11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 3年目〜の♪ | main | 他球団の戦力外 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

出てきましたなぁ♪
 久々にスウィングで「おぉ!」と思わせてくれる選手が出た。喜田選手のことだ。

 2004年に鳴尾浜で林選手を見たときに、そのスウィングスピードに唸ったものだが、今日の喜田選手も充分唸らせてくれた。いや、凄いって、マジで。
 林選手のスウィングが名刀のように鋭く斬るなら、喜田選手のスウィングは鉈(なた)で斬る感じ。林選手のホームランが高々と『放物線』を描くのなら、喜田選手の打球はスタンドへの『軌道』を描くといった感じだ(推定)。

 打席に入ってスウィングするだけで「うぉ〜っ!」と叫んだのは久しぶり。1塁線を破った打球は見事だった。横の変化球にも着いて行けるようで、できるだけ使いたい選手という印象。昨年はシーズン終盤に1軍でプレーしたが緊張している様子がアリアリだった。でも今日は違う感じ。今シーズンの最終試合も出て欲しい。

 同じくらい面白かったのが赤松選手。2安打と言うことで出塁するという課題はこの試合に関してはクリアした。しかし走塁には課題が一杯のようだ。

 今シーズン、赤松選手の出場試合を何回かテレビを含め数試合見たが、やはり比較される赤星選手と比べると2つの点でクリアすべき課題がある。1つ目はトップスピードに到達するまでの時間、2つ目はスピードを落とさずにスライディングすること。

 そう書いちゃうと凄く差があるように感じるけど、差はほんの少し。でもそのホンの少しの差が実は大きいときもある。特に赤松選手は右打者なので出塁に関しては1つ目の課題は確実にクリアしなければならない。期待している。

 玉置選手はGood! スライダーを中心に投げていたが、縦と横の2種類あるのは面白い。今日は前田選手を三振に取るなど、良かったと思う。「ファームで活躍しても上ではダメでしょ?」なんて知ったかぶっているやつの鼻をあかしてやってほしい。表情が変わらないのは頼もしく、「投手はマウンド上で表情を変えないもの。」と言って、その年に活躍したハシケンのように面白い存在になりそうだ。

 タイガースの投手陣は先発右腕は3人が確定気味(福原投手、安藤投手、杉山投手)。でもその3人ともフルシーズン活躍できるかといえば(活躍して欲しいけど)保証は無い。不調とか色々あるかもしれない。その中で割り込めるだけのモノを是非見せて欲しい。来年はプロ入り3年目。まだ新人王の資格があるだけに狙ってもらって結構だと思う。

 反面、存在を見せられなかった選手もいる。

 岩田投手はコントロール。4点で終わったけど、実際には球が高く、変化球でカウントを整えられず、ストレートを待たれていた。比較するのは申し訳ないが、広島東洋カープの大投手だった大野豊さんも最初の年は散々で、防御率が3桁だったのは有名な話。ここから練習して上昇して行って欲しい。

 伊代野投手は全体的に思ったよりも成長していない感じ。

 狩野捕手はテレビ解説の達川さんもおっしゃっていたけど、ミットを構えるのが投手が投球動作に入ってから。これだと投手も投げる的が分かりにくく、また投球動作中に捕手が動くことで集中力が削がれるのではないか。

 個人的に楽しみな坂選手は打席で手打ちになっていた。

 この4選手には是非秋季キャンプでより一層の練習でクリアして欲しい。

 でもファームから上がってきた選手で楽しみな選手がいたのは事実。きっと今、フェニックスリーグやウィンターリーグで戦っている選手の中にも楽しみな選手がいるはず。今年は林選手が1軍で徐々に実績を残した。来年は誰だ?!の楽しみを感じている。
| タテジマに想いを | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/114251