06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 本日2本立て 『酒と猛虎と男と白銀』 | main | 007 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

本日2本立て 『これをチャンスと言わなきゃ何と言う??』
 矢野さんが全治3週間でリタイアした。さぁ、これをピンチと取ってはいけない!!大きな大きなチャンスが回ってきましたよ!!正捕手チャンスだ!野口&岡崎@デイリー

 矢野さんがいるということは、チームにとって計り知れないプラスがある。勝負強い打撃、何気に見せる長打力、高いほうの盗塁阻止率。といった感じ。特に打者としては攻める捕手というイメージからして、近年の打てる捕手像にピッタリはまるタイプだ。
  
 でも今回のことで、起用が予想される野口さんだってかなり能力が高い捕手だ。野口さんは矢野さんとは選手としてのタイプが違うだけで能力には遜色ないと僕は思っている。

 むしろリード面ではかなり相手が嫌がることを要求することが多く、相手に精神的に嫌な感じを与えるリードをしてくれると思っている。

 昨年の不調は、監督の起用法に問題があったと言い切っていいかもしれない。出番が無い中で調整する難しさも確かにある。でも試合に出ながら対応してゆく部分が大きいだけに、今年の野口さんには大きな期待をしたい。

 その野口さんを追う存在としては、岡崎選手ということになる。自由枠で獲得した選手だけど、打撃に対応するまでの時間を必要とするかもしれない。彼の売りは強肩。でも浅井選手もたしか、獲得時には『大学野球で盗塁阻止率8割』とか言っていた。

 捕手の本分は打撃ではない。チーム防御率という、野手の中では防御に関するもので判断される特異なポジション。その中でどんな数字になるのか?守備型捕手、攻撃型捕手、バランス型捕手、様々なタイプを揃えたほうがシーズンは有利に展開できる。

 矢野選手がいなくなったとしたら、浅井選手や狩野選手には大きなチャンス。中谷選手だって黙っている手は無い。そして1人でも上に呼ばれれば、2年目のこちらも強肩の小宮山くんもファームで出番がやってくる。

 矢野選手の離脱をピンチと思ってはいけない。36歳の矢野さんなんだから、近い将来いなくなる日が来る。そうなる前に、大きなチャンスがやってきたと思えばいい。少なくともシーズン前だから色々試せる。おそらく野口さんだって自分で決まり!とは思っていないだろう。

 1人欠けただけで大きな動きがチームを包む。繰り返し書くがこれはピンチではない。新しい守備の要を見つけることが出来る大きな大きなチャンスをもらったのだ。
| タテジマに想いを | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/10928