06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 先生 | main | 左腕戦争?? >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

打たれたらどうするんじゃ?! 打たれません!!
 タイガースファンでも広島カープは嫌いではない。そんな人は多いと思う。それは僕も同じ。タイガースにはこのところ毎年広島から来た選手がいるという理由だけでもない。

 赤ヘル軍団という愛称でプロ野球界を制していた時期もあるチーム。地域密着型で、財政難の時期には樽募金などでファンがチームを支えた球団。この球団が再び成功することが新しい日本プロ野球の姿かもしれない。とまぁ、そんな風にも思う。

 その練習は12球団一と言われる厳しさがあり、若手を獲得して徹底的に鍛えて使う。それはお家芸というより家風と言っても差し支えない伝統である。

 ただし、マネーレースはできないためか、FA宣言を認めていない。金本選手もFA権利を獲得した際に広島残留を前提に「成績が悪かったから年俸が下がっても構わない。再契約金は1,000円でもいいからFA宣言させてくれ。」と言ったとされる話は有名だが、それでも「君の場合はいいかもしれないけど、今後宣言する選手にはそうもいかなくなる。」とかで結局金本選手放出へと流れは傾いていった。

 その広島東洋カープには津田恒美(途中から『津田恒実』に改名。ただし本文では「恒美」とさせていただきます)という選手がいた。まるでグランドで飛び跳ねるかのように躍動するプレーぶりについたのは【炎のストッパー】という愛称。まさにそのごとく、炎が出そうなストレートで相手を押さえ込んでいった。

 現在のストッパー像を見ると決め球が変化球の選手が多い。佐々木選手のフォーク、高津選手のシンカー、小林選手の高速シュート系など。でも津田選手の決め球は問答無用のストレート。今で言ったらヤクルトの五十嵐亮太選手より少しだけ球速が遅いけど(それでも150km/h前後)キレは遥かにそれ以上という選手だった。

 津田選手が自らに言い聞かせていた言葉が「弱気は最大の敵」というもの。元々ノミの心臓だった彼に臨時コーチが与えた言葉だ。その言葉を胸に、不安があったかもしれないマウンド上でも決してその姿を見せることなく、強気のストレート1本勝負!!そんな選手だった。

 津田さんは平成3年開幕早々に脳腫瘍が発見され、ついに2度とマウンドに立つことが無かった。津田さんの事に関しては、様々な書籍で書かれているから詳しくはそちらを読んでいただいた方がいいけど、今日の報道では広島投手陣が帽子のつばの裏にこの言葉を書き込んでキャンプインしたと伝えられている。(津田さんの魂 受け継ぎます @デイリー

 広島市民球場のライト側のブルペンには生前の津田さんの功績を称える1枚のプレートが埋め込まれているそうだ。そしてそのプレートには、『「笑顔」と「闘志」を忘れなかった男』と書かれている。そのような偉大な選手の魂を刻んで投げる広島選手陣は今年も強敵になると思う。

 広島のスポーツ界には時々不世出の選手が出る。日本代表及び専売広島(現JT)バレーボール部の名セッター猫田氏、そして津田さん。でもいずれも癌で倒れている。そして最後まで生きることだけでなく、プレーすることを諦めない姿勢。広島という土地はかくも強い意思を持つ土地なのだろうか?様々な文献を読むにつけ、そう思わずにいられない。

 でも、実はタイガースにも弱気は最大の敵とする現役生活を送ったコーチがいた。その人の名は西本聖さん。2003年の投手コーチだ。140km/h出るかどうかの球速だったけど、果敢に得意のシュートで内角を攻め、読売を優勝に導いていた方だ。

 その西本さんが投手コーチとしてブルペンにいた頃、リリーフとしてマウンドに上がる選手とブルペンで胸座(むなぐら)を掴み合って殴りあう寸前までに声を荒げていたという話を思い出した。

 「おい!お前!!そんなことで打たれたらどうするんだ!!」と声を荒げる西本氏、その声に対し「絶対に打たれません!!」と言い返す投手。このやり取りが2003年の磐石の中継以降を作り上げていた。

 【弱気は最大の敵】 津田さんが伝えてくれた言葉は広島東洋カープに今も息づく。でもタイガースにもその息吹はきっと残されている。

 弱気にならず、相手が強ければ強いほど、窮地になればなるほど闘志を燃やし戦い抜く。猛虎魂ってのはそういうものだ。
| T−コラム | 22:09 | comments(4) | trackbacks(0) |
リアルタイムでは知りませんが、
津田さんの名前は 聞いております。
志半ばに倒れた選手
病だけでなく 怪我も含め
そういう選手はたくさんいるでしょう。
それを伝えていくのも大切ですね。
と、趣旨違いのコメント。


| K子 | 2005/02/03 9:39 AM |

K子さん
 あのころは静岡ではBSと地上波しかなく、タイガース戦の放送も少なかったので、他球団の試合をかなり見ていました。
 とにかく球が球速以上に速い人。ってイメージです。
 本人の不注意での病や怪我ではなく、本当に何と言って良いかわからないくらい、プロ野球ファンとして残念でした。
 津田さんのお亡くなりになった日はオールスター戦開催日でした。
 偉大な選手の遺志はどこまでも残るものですね。
| たけ | 2005/02/03 10:00 PM |

ジャイアンツファンで申し訳ない、津田投手、西本投手の話なのでちょっとお目汚しを。
忘れられないシーンと言うのが誰しもあると思います。僕が忘れられないのは原選手の左手を粉砕したシーンです。
今でもあのシーンは忘れられないし、あの原選手の悲鳴はトラウマになっています、そのあともシビれる場面で両者の対決が見られましたが、自分は最後の登板でワイルドピッチ、その後に原に打たれて悔しそうにマウンドを降りてゆく姿も今思い出しました、まさかその後あんなことになるとは・・・。

西本投手は言うまでも無くシュートボーラーの代名詞ですが、その原点は長嶋監督に角投手と二人で殴られ続けて「打たれて命がとられるか!!」と言われたことが逃げないことに対しての原点だそうです。

現ジャイアンツには「西本の恨み」に始まり「川相の恨み」「入来(弟)の恨み」「河原の恨み」そして起こるであろう「清原の恨み」「桑田の恨み」「江藤の恨み」、そして江戸の恨みを長崎でならぬ「福岡の恨みを水道橋で」というアホみたいなことをしている今の上層部、および監督を何とかしてほしいです。ちなみの星野さんは要りません。馬鹿爺と聖○新聞愛読監督を何とかすればいいことのはずです。負けても応援できるような監督にすればいいだけの話なので。

ちなみに「ジャイアンツファン」は巨人ファンや読売ファンと一緒にされたくないのです。
「ジャイアンツファン」もしくは古い方だと「巨人軍ファン」はきちんとしています。あいつらと一緒にはしてほしくない。

| 申し訳ありません | 2005/09/01 4:28 AM |

 コメントありがとうございます。
 津田投手が原選手の・・・という場面は本当に伝説の場面ですね。その後の原選手の野球人生に大きな影響を残したシーンでしたね。
 僕の友達にも読売巨人軍を応援する人がいますが、今の状態は好きではない、今のチーム補強方法は好きではない人が圧倒的に多いですね。
 ファンのマナーに関しては、お互いのチーム同士、何とかしなければいけない部分が多々あります。
 しかしながら甲子園での「読売ファン」は悪いですねぇ。長々書くのもなんですのでアレなんですが、ファンのマナー向上も考えたいし。色々ですね。
 今回のコメントを拝見しておりますと、球場からは「ジャイアンツファン」は少なくなっているのでしょうか?
 星野さんに関しては、今後も静観したいと思ってます。
 次回またコメントいただけるようでしたら、何かHNをお書きいただければと思います。「申し訳ありません」とお詫びいただくようなコメント内容ではないですし、コメントスパムも同じような名前で書き込まれているので。よろしくお願いします。
| たけ | 2005/09/01 6:59 AM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/10311