11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
RECENT ENTRIES

ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

超えるべき壁
 矢野さんFA残留。

 矢野さんの年齢的にもこの2年のうちに次を何とかしないと未来のタイガースは困ってしまう。

 2年以内の有力候補としては野口さんと浅井くんだと思うけど、その後にはこの2人に加えて狩野くん、岡崎くん、個人的には強肩:小宮山くんも入ってきて欲しいっていうか、入ってこなけりゃ困る。

 捕手は育成までに時間がかかる。それは打者としての打撃、自ポジションの守備の他に、味方投手の生かし方と相手打者の攻略法なども必須科目であるからだ。

 矢野さんが残ったということは、向こう2年間は何とかなるということ。でも反面、あと2年で次を作らなきゃならないということでもある。

 その点ではこの2年は安泰というよりは群雄割拠の始まりと言ったほうがいいと思う。

 来年は矢野さんが中心となるだろうけど、早ければ来年の終盤くらいには「矢野さん、そのポジション、俺が頂きますからどいてください。」と言えるくらいの選手が出てきて欲しい。そしてそれを刺激にして矢野さんにも活躍して欲しい。なんといっても打撃と盗塁阻止率の良さは捨てがたい。中日時代は出場機会が少なく、捕手として活躍を始めたのが遅いほうだから、使い減りもしていない気がする。

 長持ちするかもしれない、でも年齢には逆らえない部分もある。

 他球団では相川捕手や石原捕手が若いころから苦労しながらもレギュラーとして固定されてきた(石原捕手は今年は怪我で出場が少なかったけど)。来年のヤクルトは米野捕手を古田PMの後継者として育てるらしい。タイガースの「矢野さんの次」も言ポジションで満足できているはずが無い。1枚看板に頼って、いなくなってからアタフタするんじゃ遅いんだ。

 矢野さんという、レギュラー捕手への高い壁がそびえ立つのはあと2年。2年間を安心して過ごすのではなく、2年間で矢野さんを超えるように捕手全体でレベルアップして出番争いをするように願っているし、これはチャンスなんだとみんなが思ってくれたらいいなと思っている。

 ってことで、来年は浅井くんを今年以上に試してほしいなぁ。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 23:25 | comments(2) | trackbacks(0) |